« すずめ踊り | トップページ | シゴト »

リウマチと薬と先生

リウマチを見ていただいている主治医の先生と診察後、処置してもらっている時や次の患者さんがいない時などに、私が思ったことを先生によく聞いてもらう。

以前、私は先生にこう言った...。

「リウマチって原因は不明だけども、とりあえず、数値で表せればいいですね。たとえば、今の私のリウマチの症状が100。で、飲んでる薬がリウマトレックス1錠が30とかでプレドニンとかが10。100のリウマチと戦うために、先生がリウマトレックス3錠(30×3)とプレドニン1錠(10×1)で100:100で均衡を保っている、ってな具合で、先生が棋士みたいな...」

先生が、なるほど...おもしろい表現ね...と言ってくれた。

昔から、医者の匙加減とか匙を投げるとか言いますが、先生の薬の処方のタイミングと量でそれが、病気とちょうどいいバランスだと患者も調子がいい。

多ければ副作用がでたり、少なくて病気の威力が増していると患者さんは大変だけど。

-----私の症状と薬とのバランスについて振り返ってみる-----

リウマチを発症したのは2003.5月だけれども、リウマチ専門医の診断が下り、抗リウマチ薬を用いての治療が始まったのは2005.5月。

2005.5~2005.9月が私の中で最も痛みと熱と貧血と精神的な辛さが酷かった。

診断が下るまでの間は、痛み止めと胃薬、2004.11月頃から一月以上も風邪をひき、体重計に乗るたびに0.5KGずつ減りだし、漢方薬やビタミン剤など飲む薬が増えていった。

そして.2005.5月からリドーラ、→リマチル→リマチル+リウマトレックス4mg+プレドニン5mgと増量していき、しばらくしてようやくリウマチが治まってきた。

その後、プレドニンを5mg→4.5mg→4mg→3mgと少しずつ減らしていった。体調もよく、以前より動けるようになったので、多少体に無理のあることをするようになってしまった(調子に乗りすぎた...)

2006.1月の通院の時、また指や手首が腫れ出し、痛みも増しており、案の定血液検査の結果も悪化していた。このとき、無理をせずに安静にしていたら、リウマトレックス4mgとプレドニン3mgで抑えられていたのかもしれない...。せっかく、リウマチとお薬のバランスが取れていたのに、無理をしてしまったから、均衡を崩し、悪化してしまった...。

先生は、ここまで順調にプレドニンを減らしたのだから、今度は、リウマトレックスで抑えようと4mg→6mg→8mgと増量することになってしまった。(←妊娠遠のく...)

リウマトレックスが8mgになったのは2006.3月で、8月までの約半年飲んでいた。

今は、エンブレルとの併用で、エンブレル効果があるので、8mg→6mgと減らすことができたが、0にするまで半年はかかると読んでいる。

プレドニンは今、1mgまで減らしているので、0になる日は近そうだ...。

今、現在わたしのリウマチ数値はどんなもんなのか...。

血液検査では、赤沈・CRP・リウマチ反応が最重要だけれども、わたしやゆうさんのように検査に出にくい人もいる。

血液検査にしろ、自論の数値にしろ、リウマチのメカニズムが解明できて、今いる患者全員が寛解すれば、どんなに嬉しいことかぁ~。

|

« すずめ踊り | トップページ | シゴト »

リウマチ」カテゴリの記事

コメント

私はリウマトレックスを止めるきっかけになったのは、やはり妊娠を考え始めたからです。その時はネオーラル、リウマトレックス、サラゾピリン、ロキソニン、ムコスタを常用していました。
その頃はだいぶ体調も落ち着き始めていたので、一気に全ての薬を止めました。どの薬も副作用がないとは言い切れないと言われましたので。で、リウマトレックスは薬を止めて半年は体に薬の作用が残っている事があるようです。私は全ての薬を止めて半年経つ前に辛くなり、エンブレルに切り替えましたが。。その辺りも先生に聞いてみてください。

後私のブログにも書き込みますが、注射後の痒みはまずいようです。私の場合は直径5センチ位に成長してしまったので。。参考にしてください。そして早い受診を!

投稿: ほんのりナガイ | 2006年9月19日 (火) 15時10分

そうですか、やはり妊娠希望で休薬されて、半年経つ前に辛くなってしまいましたか...。
他の方でも、リウマトレックスを飲んでいたのを休薬して、妊娠まで行く前に、酷くなってエンブレル...という方いましたね...。
今の、エンブレルで何処までリウマチの活動を抑えられるか...でも、きっと炎症を抑える効果はあっても、リウマチの勢いを100→0にする力があるかといえば微妙ですよね。破壊された関節が再生されるということはあったみたいですけどね。
私の先生は、このエンブレルにかなり期待しています。病院内でエンブレルを使われている方は他にも10~20人いるみたいですけど、妊娠希望のために、ちょっと薬強めにして、とにかくリウマチの勢いを抑えるという賭けに私ものっかりました。
ほんのりナガイさんのエンブレルによる腫れとかゆみが心配です。
是非、一緒に乗り切りたいです。

投稿: よっち | 2006年9月19日 (火) 16時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149905/3491957

この記事へのトラックバック一覧です: リウマチと薬と先生:

« すずめ踊り | トップページ | シゴト »