« 泣いたり笑ったり... | トップページ | 奇遇な出会い »

「医と暮らし健康大学」知ってください、リウマチ治療の現在(いま)

河北新報社主催「医と暮らし」健康大学

    知ってください、リウマチ治療の現在(いま)

に行ってきました!!!

えいちゃんさんのブログで以前教えていただいた、リウマチの講演会♪

NHKでよく拝見する竹内先生のお話が聞けるということで、私も参加したい

と思っていたら、セレナさんが友の会のお友達分の整理券を入手して下さり、

えいちゃんさんとも初めてのご対面も兼ねて一緒に聞かせてもらうことが

できました。(偶然にも友の会の支部のみなさんとも合流しました)

肝心のセレナさんは今回退院直後ということもあり、大事をとって欠席され

まして残念でしたが...来週ご報告させてもらおうと思います。

定員450人に対し1,250人の応募があったそうで、これまであまりリウマチの

講演会なんて聞いた事がなかったので(私だけかもしれませんが...)、患者さんや

その家族の方の関心も高まっているんだろうなぁと感じました。

会場の中に若い患者さんがいるんじゃないかと思ってキョロキョロ見回して

しまいました。多くはありませんがそういうお若い方の姿も見られました。

しかし、患者さんなのか、ご家族なのか、または医療関係の方なのか、

座席に着席された状態はわかりませんでした...。

講演の内容は、わかり易く、また既に知っている内容でしたが、今迄、あいまいな

イメージで捉えていた、膠原病とリウマチとの違いや関連性について詳しく教わりました。

また、私がリウマチになりかかったのと花粉症になった時期が重なったのですが、

どちらも自己免疫機能が高まりすぎて起こるものだと知って納得しました。

(...これもみんな知っている?)

リウマチの仕組み、リウマチの薬、これまでの治療、これからの治療、それから

新薬で実際に良くなって行った患者さんの治療内容についてなどいろいろさまざま

お話くださいました。

どんどん医療が進歩し、後から発症する人は完治へ持っていけると力強い説明

を受けました。そして、リウマチ暦が長くても寛解に導けていると。

新薬がどんどんでて、治療の選択の幅がまた広がるということで、明るい兆しが

見えてきたようです。

(当面、新薬は治療費が高いんだろうなーとも思いますが)

世界がリウマチは重篤な病気で早期治療が大事だとの認識だということを知りました。

まだまだ、理解はされにくい病気ではありますが、その世界の認識のお陰で、昔より

研究に力が入っていって、新薬が次々に開発されたのでしょうか...。

今後、気をつけることは、感染症にかからないよう、かかってもすぐに治すよう心がける

こと、冷え・ストレスに注意することとのことでした。

そして、リウマチのことも忘れてしまうような趣味・専念できる楽しみを持つことが

大事ではないかというお話でした。

先生もすぐ近くで見ることができましたし、司会も地元TV局のアナウンサーさんで

興味深くみることができました。

こういう講演会があったら今後も行きたいなと思いました。

この講演のおかげで、ブログで知り合ったえいちゃんさんにお会いすることができました。

えいちゃんさんは、素敵なルックスで明るく、前向きなお話をして下さる親しみやすい方

だなという印象でした。来週もお会いできるので、とても楽しみにしています。

どんどんリウマチャーのお友達が増えて楽しい毎日でありがたいです★

|

« 泣いたり笑ったり... | トップページ | 奇遇な出会い »

リウマチ」カテゴリの記事

コメント

またまたお邪魔しました(^^)
夕飯の支度をすませましたが、主人の帰りはまだまだなので
覗いてしまいました。
講演会に行かれたとのこと。
私も近くであったら行って話が聞きたいなあと思っているの
ですが、なかなか機会にめぐまれません。
竹内先生のことはNHK教育だったかな拝見したことがあり
ます。
リウマチのお仲間もたくさんいらっしゃるようで心強いです
ね。私も病院で観察!?しているのですが、なかなか同年代
の方は見かけません。ちなみに今30代です。
そう遅くなりましたが、こちらへはほんのりナガイさんを通
してきたのがきっかけなんです。
ブログを通してたくさんのリウマチャーの方と知り合えたら
と思います。
また遊びにきます。

投稿: yellow panda | 2007年6月 6日 (水) 18時55分

yellow-pandaさん
講演会良かったですよ!
yellow-pandaさんの近くでもこの講演が開催されると
いいですねー
仙台でも今まではこういうのなかったと思うんです
聴衆希望者が募集の3倍近くあったので、きっと
関心が高まっていると思うんですよね
竹内先生はNHKで何度か番組に出演されていました

仙台ではリウマチャーとその家族などの若い人の会
というのをするんですよ
これから仲間が増えていく予感です

yellow-pandaさんもこれからどうぞ宜しくお願いします♪

投稿: よっち | 2007年6月 6日 (水) 22時03分

よっちさんの世界もドンドン広がってるね。
リウマチ友の会に入会し、セレナさんとお会い出来た事が転機だったようだよね。
そしてブログも。。。
えいちゃんさん前向きな方なんですね。
いいなぁ~
私もいつかお会いしたいです。

いつも分かりやすいブログだなぁと思っています。

投稿: ほんのりナガイ | 2007年6月 6日 (水) 23時08分

はじめまして!ここにたどり着き
おじゃまをさせていただきました。m(__)m
リウマチ歴たぶん絶対?!10年以上なはずなのですが
気づいたのはここ1年というかななです。よろしくお願いいたします。いろいろ訳ありまして、セロネガティブタイプの
リウマチと言うこともあり、発見されずに10年も経ってしまいました(^^;)
リマチルを飲んでいましたけれど休薬して4ヶ月・・・
第二子をひそかに希望しています。
お仲間に入れていただければ幸いです。(o^_^o)ではまた・・

投稿: かなな | 2007年6月 7日 (木) 16時19分

ほんのりちゃん
そうなんです!最近どんどんブログから世界が
広がってきています
新しい出会い、メール・電話・直接お会いして話す
機会が次々に...ですよ!!!
えいちゃんさんは、ほんと前向きです
言葉が全てプラス発言です
えいちゃんさんと私とでほんのりちゃんって
凄いよね!尊敬するよね!!!って噂してましたヨ
くしゃみでなかった?

投稿: よっち | 2007年6月 7日 (木) 22時11分

かななさん
初めまして!
たくさんあるブログの中から、こちらへのご訪問
ありがとうございますm(_ _)m
す、すみませんセロネガティブタイプ...という
言葉が難しいですね、よかったらどんな風な事を
そういうのか教えていただけませんか...?
それにしても、診断がつい最近で症状は10年以上も
前からあっただなんて大変そうですね
診断がつくまではそれなりの治療が受けられない
ですもんね...(お気の毒です...)
リマチルを4ヶ月前まで服用されていたのですね
症状が出てくる前に、懐妊されることを心から
お祈りしています
こちらこそ、是非仲良くしてください
宜しく願い致します

投稿: よっち | 2007年6月 7日 (木) 22時17分

こんばんは、よっちさん
よっちさんの講演の報告読みながら、
あ・・そうそう。うんうんそうだった・・。と
思い出してる私。
ちゃんと聞いてたのに、まとめるのって難しい。
よっちさんは、さすがです~。

さて、いよいよ交流会ですね。
ほんの、ちょっと前までこんな展開になるとは・・・
想像もしていませんでした。
よっちさんや、セレナさんのお陰で最近とても
Happyな毎日です♡
日曜日宜しくお願いします。

投稿: えいちゃん | 2007年6月 7日 (木) 22時31分

えいちゃんさん
こんばんはーーーっ!!!
全然まとまっていない独り言ですよー
こんなに長いと読む人疲れてしまいますよねー
毎度、頭を悩ませます
ブログは楽しいけど、記事を書くのは難しいと
痛感している今日この頃です...

ほんとうに交流会が近づいてきまして
ワクワクです
風邪ひかないでくださいね!
無理もしないでくださいね!!
元気にまたいっぱいお話ししましょうね!!!
では日曜日こちらこそ宜しくお願いします★

投稿: よっち | 2007年6月 7日 (木) 22時59分

よっちさん!ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。m(__)m 私も個人院ですが、専門科にかかって初めて分かったり知ったことばかりです!セロネガティブタイプとは、血液にリウマチの証拠が出ない人、と言うものらしいです。私も症状がありながら発見されなかったのは、リウマチ因子、抗核抗体、炎症反応、これが全て引っかからないからみたいです。いまだにこれは正常というか陰性なんです。
なのでなんとなく関節炎が。。と思いながら普通に暮らして10年経ってしまったという感じです。知らずに結婚出産をしてやはりやや悪化してきました。そして育休中だったのですが、仕事復帰が近くなってきてからストレスですね。ひどくなり、これはいい加減イカン!!(^^;)どこかおかしいぞ!と思い、専門科を探してたどり着きました。そこで、抗ガラクトース欠損IgG、MMP-3、抗CCP抗体の三つが陽性だとわかり、リウマチの診断が下りました。リウマチ因子がすでにある人は、抗ガラクトース欠損IgG、MMP-3、抗CCP抗体などはあまり調べる必要はないそうです。セロネガテイブや、リウマチ因子のないひと、に有効なものらしいです。専門科にかかり知ることばかりで目がくるくるしました(^^;)
休薬とは不安です。休んでるから怖いんですよね・・・本当に私もどうなる事やらな毎日です。
だも、よっちさんのアクテイブな気持ち、いろいろなところでお話を聞いてられてすごいと思いました。
見習いたいです!

投稿: かなな | 2007年6月 8日 (金) 09時30分

よっちさん、あー私も行きたかった~。
竹内先生のお話はすごく良かったみたいですね。
そして、今後のリウマチの治療にもまた新しい光も見えてきましたね。
今週(いよいよ明後日)は交流会。
皆に会えるだけで、嬉しいです。きっと初めて参加される方も同じ気持ちになってくれるといいな・・・って思っています。

投稿: セレナ | 2007年6月 8日 (金) 16時58分

かななさん
検査結果にはなかなか現れないタイプなんですねー
リウマチは原因もわからないし診断基準もマチマチだし
本当に難しい病気ですよねー
私も血液検査にはなかなかでないタイプと言われました
なので、診断下るまでまるまる2年かかりました
症状があるのに違うって言われるとなかなか辛いものが
ありますよねー
そんな中、出産・育児と頑張ってこられましたね
これからも第二子希望で前向きに頑張るのですね!
とっても励みになります
お互いに良い結果になるように、痛みにも負けないように
頑張って励ましあったり、情報交換できたら嬉しいです
上のお子さんを育てながらの妊娠・出産も大変かと
思いますが無理せず、甘え上手に幸せを掴みましょうね♪

投稿: よっち | 2007年6月 9日 (土) 23時40分

セレナさん
先生のお話に使われた資料まるまる渡されたので
明日お持ちします
上手に説明できるかわかりませんが、かいつまんで
思い出しながらさらっと説明できればと思います
明日、いよいよセレナさんのこれまでの構想が形に
なりますね!!!
凄く楽しみです★
来てよかった、また来たいと思われる会目指して
頑張りたいと思います
宜しくお願い致しますm(_ _)m

投稿: よっち | 2007年6月 9日 (土) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149905/6668187

この記事へのトラックバック一覧です: 「医と暮らし健康大学」知ってください、リウマチ治療の現在(いま):

« 泣いたり笑ったり... | トップページ | 奇遇な出会い »