リウマチ

リウマチ丸9年になりました

 誰も見てないとは思いますが、自分のリウマチについて久々に記事を...。
 毎年5月になると、リウマチ確定した9年前の絶不調の地獄のような日々を思い出します。今年で結婚して10年が過ぎましたが、毎年5月は体調を崩すので主人にも5月は気をつけなさいと言われ続けています。

 9年前の5/28に、リウマチの疑い(約2年)?からリウマチ確定の判が押されました。
5月は肺炎につながる風邪の発症や、去年あたりから日光過敏症の予備軍に入ってきているようです。

 この春、息子のいっちゃんも小学生になりました。集団登校がないのと、学区の一番端に住んでいることと、不安症な性格もあって、毎朝学校の割と近くまで一緒に登校していました。 4月の入学式翌日から、朝陽をいっぱい浴びた私の顔や首は、ものすごい量のぶつぶつでいっぱいになりました。

 初めは痒み、途中からは熱と痛みがあり、なぜかのどにも口内炎やらできてきて、皮膚科や内科に通いました。でも、どちらもこれといった治療法はなく、アナフィラキシーなんて起こした患者には勧める薬はないし、いつまでたっても治りません。今日も肌荒れや微熱があります。顔がぶつぶつで腫れてしまうと人前に出るのも気後れします。なんなんでしょう...。UVした方がいいと薬局に勧められ、敏感肌用のサンプルをもらいお試ししてみましたが、もうお肌が死んでるみたいで...。何をしても痛いので、水しか使わなくなりました。

 早くお肌のトラブルから解放されたいです...。もうすぐ5月も終わるから、私の体調も良くなるといいです。

 でも、リウマチは好調で、去年のアナフィラキシーが落ち着いてきてからは、リマチル(免疫調整系)とセレスタミンだけで、しかも一日に本来なら3錠飲むべきところを最初は2錠、途中からは飲み忘れてばかりで一日一錠ずつ、おまけに、11月から3月は仕事(事務補助)も始めたのにもかかわらず、MMP-3の数値も下がって、(104→66.9)関節の腫れもなく、なにやらリウマチ治った?みたいな感じです。仕事が楽しかったから、ストレス発散になったのかな...。リウマチの調子がいいと気分も上がります。

 最近では、久しぶりに昔一緒に働いていた友達に会ったり、同級生に会ったり、幼稚園で役員を一緒にしていたママ友とランチしたり、いろんな友達とじっくりお話したりする時間が持てて楽しく過ごしています。

 そして、時々リウマチャーランチにも参加できるので、情報交換したりお互いの体調を気遣ったり、いろいろ相談に乗ってもらってありがたいです。

 子育ては、日々悩みが尽きません。授業参観でガックリしたり、毎日忘れ物したり、何回も同じことを言っても直さなかったり...。

 他の子と比べるとできていないことが多くて心配になりますが、一年かけてゆーっくりと一年生らしくなるのではないか...と思って見守りたいです。

 リウマチになって9年経ちましたが、お陰様で手や足の指など数カ所骨が破壊されているレントゲン映像はあるものの、見た目にはまったくわからないくらい症状が少なく、寝込む日もなくなり、元気に子育てできて、働ける体で過ごせる日々がとてもありがたいと感じている今日この頃です。

 それから、去年うちで少しのあいだ過ごした義父は、今ではすぐ近くで、一人暮らしで頑張ってくれていて、私たち夫婦が週に1~2度掃除や買い出しで顔を出したり、病院に付き添ったりするくらいで、自分のことはなんでもやろうと頑張ってくれているので、とても助かっています。

 介護は突然やってくるので、私も元気で過ごしていないと!です。

 

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アナフィラキシー

 なんだかんだ慌ただしい1年で、記事をかけないまま時が流れていきました~

いろんなことがあったのに...記事にできませんでした

 去年の6月にセカンドオピニオンしてから、プレドニンでずいぶん元気に活動でき、

ムーンフェースにもなり、脂肪もたっぷりつきました

久々に会う友達には元気そうで何より♪と喜ばれ、こちらもうれしい日々でした

でも、あんまり急激に顔がまるくなり、人が変わったようで自分では恥ずかしさも

感じています

 幼稚園の役員の仕事も日を追うごとに忙しくなり、時々体調が悪く休んでしまう

こともありましたが、何とか最後まで頑張れたと一年を振り返って、自分を褒めて

あげたくなりました。5月の総会ですべてが終わり、ほっと一息ついたところでした

 さてさて、4月5月とがんばりすぎた私の体はいつの間にか、痛みや腫れで悲鳴を

上げ始めました

 

 血液検査にもMMP-3の数値が正常値を越して、右肩上がりに...110.3まで初めて

上がりました

 

 1年ぶりにチェックしたSLEの検査は、前より数値が下がっていて、やはり膠原病よりは

リウマチに向かってきているとのことでした

 1年前は薬で、抗体の数値が変わっていたのでは...という見解でした

 いよいよ、骨破壊の数値が活動しているので、生物学的製剤や抗リウマチ薬を

はじめましょうということになりました

 その前に、妊娠希望の確認がありました

 

 2月に、片頭痛があった時に、もう更年期なんじゃないかと、ホルモン検査もしましたが

正常ということもあり、プレドニンで本当は第2子も大丈夫って言われていたのですが、

もう体力的にもキツイので諦めました...

 それでは、お薬始めましょう...で、何を使うか!!!

治験・エンブレル・アクテムラ...いろいろ選択肢があったそうですが、私は、免疫をあまり

抑制したくないので、免疫調整系を希望しました

 

 いい治験が現れるまで、行けるところまで、弱い薬がいいと...

で、とりあえず「アザルフィジン」ってやってみたいと口走り、意外にも採用されました

薬局では、ジェネリックでもOKにしていたので、実際の処方はソアレジンという薬

汗やおしっこが黄色くなる...と不気味な説明が...

5/30から2週間朝夕飲んでみました

そしたら2週間後の6/6木曜の晩から、顔を中心に発疹と発熱と痒みが...

これは薬疹だな?と今までの経験で病院と薬局に連絡して診てもらいました

風疹かはしかか...と先生は検査をしました

結果は時間かかるから翌週きてくれと言われ、翌週風疹だねと言われました

5年前、いっちゃんを産んだあとすぐに風疹の予防接種したのに~~~

 で、風疹が治って、通常診察のときにまたお薬を再開しようという話になり

5週間分のお薬を出され、診察した翌日からまたソアレジンを再開したら、

顔が赤くはれ、熱がどんどんあがり、全身にぶつぶつができ、また風疹???

口の中も外も腫れて、咳が夜中止まらない

 朝になると39.3度の熱で全身いたくて何もできない

 

 初めて子供の送り迎えを両親に頼みました。病院にも歩いていける自信がなく

車いすを借りる準備をし、両親のい付き添われ、病院へ...

だるくて苦しくて座ってもいられない

 病院ではベッドに寝かせてもらい、血液検査をし、「アナフィラキシー」と言われました

血圧も心拍もすごく高くなっていてほんとうに息苦しかったです

 

 今は、セレスタミンのジェネリックのベタセレミンというのを朝昼晩2錠ずつ飲んでいます

よくなったかとおもうとすぐ体や手足に、発疹と痒みが出ます

 このあとお薬どうなるのかな~~~

また明日診察です

 

 5月6月は、病院に毎週、いや週に2回ずつ行っています

 

 そして、いま我が家には退院したての心不全・パーキンソン病を患った72歳の

義父がいます

 

 具合が悪くても、三食作ったり、栄養を考えたり、マメに掃除したりしなければ

なりません

 

 介護認定が、要介護1の一人暮らしの義父を今後どうしたらいいか、家族会議は

続きます...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全身性エリテマトーデス

先日3回目の診察で新しい診断がつきました

前回の血液検査で、基準値を超えていたのが

・抗核抗体 1280倍

・Ig-G  2266mg/dl 

・Ig-A  475mg

・血清補体 52

という項目でした

今回は

・抗DNA抗体 8.6 IU/ml

という項目が基準値を超えており

前回膠原病の疑いといわれていましたが

どうやら全身性エリテマトーデスではないかという診断でした

検査項目の意味もよくわからないのですが、

診断基準の中の

 
 関節炎

 抗DNA抗体陽性

 抗核抗体陽性

は満たしているようです

それに、抗生剤が効かなくなってきているし

微熱も続いていました

首のリンパも腫れてだいぶ日が経ちます

2週間前に出されたプレドニン10mgがとてもよく効きました

しばらくプレドニンのみで様子をみることになりました

器質化肺炎もよくなるそうなので、このまま落ち着いてくれる

ことを祈ります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セカンドオピニオン

 最近ようやく重い腰を上げて、セカンドオピニオンしてきました。

 本当は2年前の今頃から、抗生剤で発疹が出たりするようになり、体が変わってきた

のかなという自覚もあり、それによく風邪をひくし、ひけばなかなか風邪が治らなくて

リウマチ治療もうまくいかず、計画していた第二子もそれどころではなくなってしまい、

先生は、薬で発疹がでても一回ではこの薬と気づいてくれず、再び同じ薬を処方し

「また発疹出ました」とこちらがいって初めて、じゃあ別な薬にしましょうとおっしゃるので

不信感がこれまで何度かありました。

 

 薬(抗生剤等)を一度処方されるとその日に合わなかったことがわかっても、買い取りとか

なくてまた別な薬を出され、出費もかさむし、具合悪いのに遠い病院にバスと地下鉄

に乗り、で交通費もかけて、子供も預けて、体はくたくたです。

 エンブレル高いし本当は使いたくないけど、これまでの主治医はエンブレル一押しで、

ほかの方法はあまり選択肢に入っていない感じを受けました。

 そのエンブレルも発疹が出たり、熱が出たり...熱が出ると、肺炎になるんじゃないかと

家族一同不安になります。

 そして肺炎は別な病院の内科にかかるので、それぞれ検査もフルにしますし...。

三度目の肺炎にかかった時に、リウマチの先輩に電話でいろいろ相談に乗って

いただきました。それが2月でした。

 それからもリウマチャーランチ会(4月)でも悩みを聞いていただいて、ほかにも

メールなどでいろいろ相談に乗ってもらって...

 6月末にようやく新しい病院に行ってみました。

 新しい病院の先生は、検査する項目もものすごく多くて多角的に、病気の原因を

突き止めようといろんな切り口で「これはどう?あれはどう?」と今まで気にしたこと

のない方面の質問まであり、目をパチクリしながら受診しました。

 先日2回目の診察でもまた新しい肺炎が見つかってしまったのですが、「器質化肺炎」

だろうという診断で、プレドニンを一日10ミリ処方されました。

 しばらく熱はあったのですが、ここ何日かでようやく痛みや熱が落ち着いてきました。

リウマチからくる肺炎で、炎症物質が肺に溜まっている状態だそうなのですが、

プレドニンがよく効くから安心して!と言われなんだかしっくりくる診断に目から

ウロコでした。

 何度もエンブレルで熱が出るのは体に合わなくなってきているということ、血液検査の

詳細から膠原病の疑いがあること...など、これからの診察に興味深々な私です。

 以前の主治医にも大変よくしていただき、リウマチ発症前から、妊娠計画・出産まで

いろいろ支えていただき感謝しております。

 現在は40歳になり、私の体質もだいぶ変化した思うので、ここら辺で新しい先生へ

切り替えさせていただこうと思います。

 プレドニン10ミリもいつまで続くのか、ムーンフェースになったり、おなかに脂肪が

ついちゃったりするのか心配ではありますが、今は肺炎にならないように、体調を

維持できるように先生に委ねるつもりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

たまにはリウマチについて書いてみよう....

ずっと放置していたブログ...

久々に記事を書いてみたくなりました

今月40歳になりました

リウマチ歴は丸7年

リウマチかも...と言われてからはもう9年

ゆっくり目の結婚、のんびり目の出産

息子のいっちゃんも4歳になりました

なかなかのかーちゃん子でいつもべったりで

子育てって大変と思っていましたが、最近年中さんになって

いろんなことががんばれるようになったいっちゃんは

とても頼もしく感じられます

かーちゃん手が痛いんでしょう?

これやってあげる!といろいろ力仕事のお手伝いを

率先してやってくれます

去年、6月に肺炎で入院、年末にも肺炎で入院

今年2月にも肺炎になり、2月末には、数日中に熱が出たら

入院ですよ!と言われましたがなんとか回避

なぜか、前触れもなく肺炎になってしまう体...

去年、エンブレルを丸二年やったのでやめることにした

その時リウマトレックスを週8mg→週10mgに増量

リウマチは落ち着いていたけど、MMP-3の数値が上昇して

きたので、やはりエンブレルをしようと言われ、リウマトも

増量のままエンブレルも逆戻り

その後、リウマトを飲むと熱が出る...

風邪かなと思った時には即肺炎で入院

私には薬の量が多いんじゃないの???と思っていた

今年になってからはリウマトを飲むのが怖い

毎回熱が出る

リウマチの薬より抗生剤を飲む方が多かった

エンブレルをすると内科の先生から「CRPの結果があてに

ならなくなるから」と治療しづらいっぽいことを言われ...

リウマチ薬なにを使えばいいのか...どこの先生に診てもらえば

いいのか...ずっと思い悩んでいます

リウマチの先輩やお友達にも相談しました

ある程度病院や先生の情報も得てはいるので

セカンドオピニオンしたいけど

まずは肺炎になりたくない...

免疫抑制したくない...

そんなとき小さい時からお世話になっている方が私のことを

心配してくださり、乳酸菌の健康食品をすすめてくれました

これを飲むと熱が上がらなくなり、風邪も悪化せず、おまけに

花粉症まで軽くなって...いっそのことこれでリウマチも

治ってしまうんじゃないか...治ってしまえ~くらいの感じで

体調も気持ちも明るくなりました

今は乳酸菌を続けて2か月

飲み薬は痛い時だけロキソニンで

エンブレルは1か月に1本で、体調は順調です

リウマチ科をどうするかまだ悩んでいますが

とりあえず体調がこのまま持続してくれることを

今は願っています

病院で飲みたくない薬と打ちたくない注射に

高いお金を払って、高い検査をして、副作用で入院して

という生活は、はっきりいって嫌です

| | コメント (8) | トラックバック (0)

リウマチ診察と今後の計画

血液検査結果   検査項目
検査日  血沈 CRP RF
2008/6/26 産後15週 74 0.46 336
2008/8/8 産後5ヶ月 70 0.23 222
2008/9/20 産後6ヶ月 33 0.05 133

先日、実家の母にいっちゃんを預けて出産後初めて一人で往復バスで

病院に行ってきました

ずっと実家の両親&いっちゃんもしくは主人とを伴っての通院だったので

行きも帰りも一人ででかけるのは新鮮でした

妊婦の時のこととか思い出しながら歩いたりしました

さて、前回の血液検査の結果ですが

炎症反応もリウマチ反応もとても落ち着いた数値となりました

今はリウマトレックスを週3錠の6ミリとプレドニゾロン一日5ミリ飲んで

おりますが、リウマチの活動を抑えることができ(肝機能の数値も正常値)

たのでこのままリウマトを増やさずにいけるとのことでした

妊娠前はリウマトレックスは8ミリ飲んでいましたが今回はそこまで

飲まなくてもいいみたいです

逆に今後の第二子計画までにステロイドを減らしておきたいので

プレドニゾロンを1ミリ減らしてみようということになりました

そして、第二子 については前回とは異なりリウマトレックスを

一気に断ってその間はエンブレルで妊娠を待ちましょうという

お話でした

前は9ヶ月かけてリウマトの減量でしたが、もし体調が悪くなっても

リウマトを戻せば効くということがわかったし、年齢も年齢なので

次回は一気に減薬で行こうとのことです

まだ母親業1年生で、余裕はないので先にはなると思いますが

いずれ挑戦できたらいいなと思っています

**************

最近のいっちゃんは

・お手てを合わせてパチパチできるようになりました

・つたい歩きが相当早くなってきました

・お風呂の浴槽でケンスイをしています

・手桶に水が入った状態のものを片手で持ちます

・ミルクを290CC飲んだりします

・離乳食はなんでもたくさん食べて残しません

・食事の時座っているバンボベビーソファーから脱出しそうです

・ミルクを飲むとき途中から立って飲もうとします

200811011126 Dsc00168

| | コメント (8) | トラックバック (0)

少し体調が良くなりました!

血液検査結果   検査項目
検査日 血沈 CRP RF
2008/6/26 産後15週 74 0.46 336
2008/8/8 産後21週   0.23 222

いっちゃんはまだ一週間の下痢が続いており、かわいそうなんですが、

一応元気に遊んでおります

私もお陰さまで風邪がほぼ完治し、咳も痰も治まってきました

主人は良くなったり悪くなったり...を繰り返しております

最近、また病院に行ったので前回の血液検査数値をアップします

8月に入って第二週から少しからだがラクになりシップを貼らずに

眠る日も出てきました

今日みたいなお天気だととっても動きやすいです

雨の日はからだがだるくて痛いデスケド...

検査結果を見ても底を打った感じです

でも、まだ腫れがあるのでリウマトレックス週2錠から3錠に今週から

なりました

胸のレントゲンを撮りましたが問題なしでした

7月の断乳の時に検査したらもっと数値違ったんじゃないかなーと思います

でもとにかくこれ以上は悪化しないと思うし、お薬効いてきてるから

よくなる一方だと思います

今日はこれから産院のママクラブに行きます

明日はいっちゃんの5ヶ月健診

健診を終えたらいよいよ離乳食をスタートさせようと思っています

あといっちゃんの体調がよければ今日か金曜には予防接種三種混合の

二回目を受けます

予防接種の予定が詰まっていて風邪引いて遅れるとメニューこなせないんで

早く完治して予定をこなさなきゃです

| | コメント (3) | トラックバック (0)

断乳...そして治療開始しました

みなさんのところへ訪問できず、またいつもコメントで励ましていただいて

本当にありがとうございます

ちょくちょく空き時間見つけて入力しておりましてなかなかリコメできず

申し訳ありません

とりあえず現在の報告です

リウマチだけど出産をして、ぜひあとに続く方々に「大丈夫!私を見て!!!」

と言いたくてブログ続けているんですけど、こないだまでは凹みました

リウマチ科からも産院からも断乳&治療再開のGOサインは出ていましたし、

体も充分、痛みや腫れが出てきていましたので早く断乳しなければと

思っていましたが、母乳をあげる幸福感というのは何者にも変えがたいもの

でして、なかなか決断がつきませんでした

ちょうど100日参りや写真撮影、お食い初め、法事などの行事が立て込んで

いたのもあり一週、二週と遅れて行きました

また、断乳は子供にとって最も好きなおっぱいが突然もらえなくなるという

ストレスになるので、欲求を満たすためにもいつもより余計に遊んで

ママ以外の家族もたくさん遊んであげるよう指導されてきたので

平日の一人の時ではなく家族の協力が得られる時に限ります

これまで3ヵ月半、毎日10数回の授乳をして、スキンシップしながら

母子の絆を深めてきました

夜中の授乳に三度も起こされると正直キツイなぁと思った時もありました

三ヶ月にもなると月齢的に授乳回数も一日6~7回に減ってくる子も

多いそうです

でもいっちゃんはおっぱい大好きっ子で、寝る前の一杯、ちびちび飲みで

ちょっとずつ何度も欲しがる子のようです

断乳の日は7/6に決めていました

その何日か前から主人からも私からもやんわりいっちゃんには

「もうすぐかーさんのイタイイタイのお薬飲むからおっぱおはおしまいだよ」

と話してきました

そしていつの日からか授乳が終わるといっちゃんの目に涙がこぼれて

いることが何度かありました

気のせいかな?と思っていましたが、それは前日まで続きました

しゃべらなくても全てわかっているのかな....

7/6当日の朝数回授乳の機会があったのですが、朝9時の授乳を

ラストに決めていて朝5時の時には親子で号泣しました

ところが7時頃のおっぱいの時にはものすんごい笑顔でいっちゃんは

笑ってくれました

ラストの9時のときに「もうこれでおしまいね!」って言ってきかせる

心積もりでいたのに寝たままちびちび授乳で聞いてくれていたのか

どうかという感じでした

今思うといっちゃんはもうおっぱいにさよならしてくれていて、最後は

「かーしゃん大丈夫だよー」っていってくれてるのかなーって

いよいよミルクの第1回目は7/6の12時台の終わり頃でした

慣れない手つきで私はミルクをつくりわんわん泣いているいっちゃんに

差し出すと時々こぼしながらも元気に飲んでくれました

今まで母乳を一回量何cc飲んでいるのかわかりませんでしたが

このときは160ccを一気に飲んでくれました

その後も凄い勢いで飲んでくれたり、ちみちみ飲んだりで

やはり母乳を飲んでいた頃のように、というか産院にいた頃から

助産師さんたちに言われていたようにムラ飲み(飲む時はガッツリ

かと思えばこれっぽっちという飲み方)のようで数値でこれが

わかるので面白いものです

その日から私も我慢して飲まなかった痛み止めを朝昼晩、それから

お乳を急にストップかけるので微熱が出て風邪に似た感じで全身の

関節が痛み出したので以前もらっていた抗生剤と葛根湯そして

リウマトレックスを2錠のみました

まだ始まって5日目、体はボロボロですが元気にミルクを飲んでくれる

いっちゃんの笑顔に救われ私も頑張れそうです

今までおっぱいを飲むと寝ていたいっちゃんはミルクを飲んでは寝て

くれないので寝かしつけが必要になってきました

しかもだっこしてないと寝ないので、産院のママクラブ市主催の育児教室

でもみんな床において寝てしまう子も何人も見ましたがいっちゃんは

やっぱい甘えん坊さんのようです

肩や膝が今特に痛いので、負担をかけないようにしながらいっちゃんの

要求に応えられるようにがんばりすぎない育児を目指していきたいです

| | コメント (5) | トラックバック (0)

自分のタイミングで

コメントが遅れてまして申し訳ありません

書ける時に記事のみアップさせてもらっています

後でこれまでのリコメまとめてアップさせてください

今日リウマチ科を再度受診してきました

今週、また熱が出て痛みが増してきたので前回の通院からまた2週間

近く経っているので採血しながら先生に診ていただきました

その前に先週、産婦人科で母乳外来を受診し、いっちゃんのこれまでの

授乳についてとお薬再開のためにミルク100%にする相談にも行ってきました

断乳は日にちを決めて一度でスパっとミルクのみを与えるようにしなければ

赤ちゃんが混乱してしまうから気持ちを強く持って臨まないといけない

という指導をされました

その話を聞いてから、何度か切なくて涙を流したときもありましたが

ミルクのメーカーあちこちにサンプルを依頼して取り寄せたり、

哺乳瓶や消毒グッズを買い揃えたりして準備してきました

そして今日「スタートは自分のタイミングで」ということで抗リウマチ薬の

リウマトレックス週2錠を4週分処方されてきました

今まで、大抵いっちゃんが泣き止まなくてもおっぱいを与えれば

寝かせつけできてラクちんだったけど、これからは寝かしつけとか

スキンシップとか今までと変わるから多少不安があります

しかし、関節はあちこち腫れたり痛み出してきているし、

いっちゃんも日増しに重くなってきているので、決断の時が来ました

きっといっちゃんもおいしいミルクをすんなり受け入れてくれる

ことでしょう...

母も気持ちを強く持ってより良い育児を目指して頑張ります

| | コメント (4) | トラックバック (0)

そろそろ...

今日はリウマチ科を受診しまして、前回の血液検査の結果を聞いてきました

血液検査結果   検査項目
検査日 血沈 CRP RF
2008/4/12 産後4週 36 0.17 98
2008/5/31 産後11週 53 0.14 340

実は5月末に左膝が腫れて病んで、寝ても痛くて眠れず日中も授乳以外の育児が

出来なくなるほど熱を出してもがいていました

その日は痛すぎて通院できる状態ではなかったので、先生と電話で相談させてもらって

手持ちのお薬でなんとかしのぎ落ち着いてからの通院になりましたが、リウマチ反応が

上がってきてしまいました

炎症反応は、プレドニゾロンを3ミリ→5ミリにしたおかげか、一応横ばいとなりまだ

いいほうです

6月に入っても手指が日に日に腫れてる箇所が増え、両膝もよく痛んだり腫れたり

して足の土踏み(指の付け根)が腫れて痛んでロボットのように歩いています

今日の診察でも検査結果と腫れを確認して、もう治療を始めるに値するとのことでした

なので、近々産院の母乳外来を受け、母乳からミルクに切り替える相談に行き、ミルク

の準備を整え次の診察に参りたいと思います

一応、リウマチのお薬はリウマトレックスを再開する予定です

いっちゃんももう満3ヶ月で体重も6KGにもなり、首もほとんど座って動きも活発に

なってきました

ここらへんで母も体力をつけ、体調もいい状態にしなければなりません

甘えん坊さんで一日の授乳回数が10~12回もあるのをミルクに切り替えるので

最初は大泣きされるのを覚悟して次のステップに進まなければなりません

今日はご近所さんやたまたま通りかかった前の職場や前々回の職場にいっちゃんを

お披露目しちゃいました

最近のいっちゃんショットです↓

025

| | コメント (5) | トラックバック (0)