その他の病院

接骨院

昨日の朝かけ布団を持ち上げた時に、こないだから調子の悪い左手人差し指が、グギっとなって痛くて動かせなくなりました。
激痛とともにバネ指になって簡単に戻せない指を必死で戻そうとしてちょっと不安になりました。
職場で痛みと最近ちょくちょくバネ指になる話をしたところ病院に行きなさいと知り合いの整骨院に予約を入れてくれ、仕事が終わったその足で、初めての整骨院へ恐る恐る行ってみました。
リウマチである事と痛みの症状を伝え治療を受けました。治療内容は電気・超音波・軽いマッサージ・塗り薬塗布・そして仕上げに湿布。
腱鞘炎とバネ指のメカニズム、リウマチには安静と固定と痛い時には冷却が必要と教わりました。
主婦は水を使うことが多いので多少の痛みがあっても手に湿布や包帯があると邪魔と思いがちですが、あえて湿布とサポーターをして、極力酷使させないように自分自身に注意を促すのも時には必要と感じました。昨日、今日と家事をする時はビニール手袋が大活躍です。
整骨院にしばらく通うよう勧められました。他のリウマチャーさん達はリウマチ専門医の他に整形外科とか整骨院とか行っていらっしゃるのか気になります。

今日はリウマチ専門医の年内最後の診察です。寒いけど夜来ちゃいました。帰りにイルミネーション通りをちらっと見てかえろうかなぁ〜。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

婦人科受診しました!

「冷やし中華終わりました」みたいなタイトルですが...。

昨日・今日と2連チャンで病院巡りしてきました。

今朝は、産婦人科も併設されている近所のわりと有名な病院へ。

行こう行こうと思って1ヶ月半、ようやく行けました。

診察時間の朝8時半からに合わせて8時には病院へ到着。

主人が出勤日だったので、乗せて行ってもらえました。ラクチン♪

しっかし、今朝は寒かったぁ~。厚着していきましたが、病棟に入るまで

外はもちろん待合室も寒い。

最近風邪ひいている人も多くて、昨日の掛かり付けの病院も主治医の先生も

スタッフさんもみんなマスクしてたし、今日の病院も咳してたり、マスクしてたり。

ちなみに今日遊ぶ約束をしていた同級生のお友達もおこちゃま達が風邪を

ひいてしまった...。みなさん大丈夫ですか?私はまだセーフ!

話を元に戻し...、紹介状を持って約2年ぶりに診察してもらった。

基礎体温表と最近の症状を書いた紙とお薬手帳とを見せて問診と内診をした。

前も、痛みや出血があって診て貰っていたので、またなんかあったの?みたいな

感じでしたが、今回はリウマチのお薬を飲んでいること、生理痛が隔月で酷いこと、

今後、妊娠・出産を希望しているということを伝えると、なんか本気になってくれた

ような気がした。

一応、考えられるのは、子宮内膜症。前も、同じことを言われた。もし、それだとしたら

妊娠しずらいからなー。ま、違うと思うけど、検査しておきましょうって。

検査は血液検査。2週間後にまた結果を聞きに行きます。

なんか、先生もそんなに心配してるふうでもなかったから、私も心配していない。

生理痛は3/1以上の人が感じていることらしーから、ま、大丈夫か?

こないだまで、結構不安に思っていましたが、先生に状況を伝えても大したことなさそうに

言われたので、それだけで不安が飛んでいった。

私の基礎体温表をみて、「低温期の体温が高いけど、風邪ひいてた?」っていわれたけど、

プレドニンを飲んでいるからそれもあるのかなーとも言っていた。

一応、帰宅してからネットで子宮内膜症について調べたら、結構やっかいなことが書いて

あった。でも、その中に一筋の明るい光が!!!

() 子宮内膜症とは関係ない月経痛

子宮が後屈している人は(内膜症がなくても後屈する人がいる)、月経血の流れがスムースにいかないので、やはり痛むことが多い。また、何らかの下腹部手術(盲腸、帝王切開など)の経験者のお腹の中には、術後癒着ができていることが多く、子宮と周りの臓器や腹膜(お腹の内側の壁)が癒着していると、子宮がいびつに引っ張られたり、左右に傾いていたりすることも多く、月経血の流れがスムースにいかなくて、やはり痛むことがあります。これらは、内膜症やその他の病気とは関係のない月経痛です。

あるサイトの一部を抜粋したのですが、↑まさに、私のことじゃないですか!!!と思った。

構造上仕方ない痛みなら、耐えるしかない。

痛み止めもあるんだし、そういうものとナットクしてれば怖いものはない。

子宮内膜症だと、一生のお付き合いだし、薬も副作用が多いみたいだし...。

なんとか、免れたい。

結果は再来週~。でもなぜか、そうじゃないという自身がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドキドキ

今日は歯医者で銀歯の詰め物をした。

今お世話になっている歯医者さんは、治療の他に3ヶ月に一度、検診とクリーニングを行い、また歯磨きの指導を行ってくれる。少々お高い感もあるが、結構、ためになるし、歯の写真や歯周スポットの深さなど細かいデータをくれるので、わかり易い。いつも、混んでいるので繁盛していると思う。ややスタッフが多い気もする...。その分割高になっていたりして...とたまに思ってしまう...。

それはさておき、今日の治療でハプニング続出。

その1. 奥歯の仮詰め物が取れない←スタッフの女性が一生懸命取っているのは、歯から腕からひしひし伝わってきてはいるのだが、なんだか異常に取れにくかったらしく、最後のグリグリは痛かった(||▽||;)

その2. 銀歯を当ててみて、詰める準備の時、先生が私に話しかけて、緊張をとってくれようとしたのだが、その話がおかしくて笑ってしまったら、綿が喉にシュポっ ...う、喉に違和感!!!「先生、喉にわたがぁー」「うん、大丈夫だよ」ってそのまま詰め物作業開始!

その3. 神経がまだある虫歯で、深くほってあるから、なんでも敏感に痛みを感じる。なので、エアーかけたり、詰め込む作業だったり、全部しみーる!!

全てが終わった時、全身にものっ凄い力が入っていた。ふー。

でも、こんなことにハラハラどきどきしているようじゃ、出産なんて頑張れない!!!と思って、もっと強くならねばと心に誓った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)